熱田神宮能楽殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熱田神宮能楽殿(あつたじんぐうのうがくでん)は愛知県名古屋市熱田区神宮の熱田の杜(熱田神宮)内にあった能楽殿

熱田神宮能楽殿

概要[編集]

1955年昭和30年)[1]に地元政財界や能楽愛好家の基金によって建設されたもので、檜造りの能舞台に500席の客席を備え、能楽協会名古屋支部の定式能が催されるなど[1]第二次大戦後の東海地方において永らく狂言の拠点であった。消防法上の問題があった事から1997年平成9年)に改修を行ない、客席が354席に減少。1999年名古屋能楽堂が開館した事で舞台利用件数が激減した事に加えて、雨漏りなどの老朽化が激しく改修費用に見合わないとして、2006年(平成18年)10月8日をもって閉鎖された[1]

閉鎖決定と合わせて能舞台は三重県伊勢市の皇學館大学に無償譲渡される予定と報じられたが、1997年の改修の際には約1億円の募金を募っており、当時募金に応じた能楽師の間から閉鎖に関して「事前の相談もなかった」との反発の声も上がったという。

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『狂言でござる 狂言共同社と尾張の狂言』名古屋市博物館、「狂言でござる」実行委員会、2011年10月(日本語)。全国書誌番号:22032644

関連項目[編集]

  • 前田青邨 舞台の鏡板(老松)を描いている。