名古屋能楽堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋能楽堂
Nagoya Noh Theater
名古屋能楽堂・外観(2006年)
情報
完成 1997年3月
客席数 630席
延床面積 5,671m²
用途 劇場
運営 公益財団法人名古屋市文化振興財団
所在地 460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
位置 北緯35度10分56.68秒 東経136度53分47.23秒 / 北緯35.1824111度 東経136.8964528度 / 35.1824111; 136.8964528座標: 北緯35度10分56.68秒 東経136度53分47.23秒 / 北緯35.1824111度 東経136.8964528度 / 35.1824111; 136.8964528
公式サイト 公式サイト

名古屋能楽堂(なごやのうがくどう)は、愛知県名古屋市中区三の丸一丁目の名古屋城正門前にある能楽堂

概要[編集]

1997年平成9年)4月、狂言などの伝統芸能の振興と文化交流の推進を目的として開館した。総木曾檜造りの能舞台と、演能の解説を(日本語もしくは英語で)聞く事が出来るイヤホンガイド設備を備えた、630席の見所(地方自治体の能楽堂では最大)を持つほか、資料やビデオで能楽を紹介する展示室も備える。

年間10回程度の定例公演以外にも、毎月多くの団体によって能・狂言の公演などが行なわれている。

なお、1997年度の第5回愛知まちなみ建築賞を受賞している[1]

施設[編集]

  • 舞台・見所(固定席 630席)
  • 稽古室(97平方メートル・本舞台と同規模の舞台を完備)
  • 楽屋 6室
  • 会議室(180平方メートル・99席)
  • 展示室
  • レストラン
なお、舞台の鏡板は若松図(作・杉本健吉)と老松図(作・松野秀世)の2つがあり、1年毎に入れ替えられる。

建築概要[編集]

※第5回愛知まちなみ建築賞を参照[1]

  • 設計 : 名古屋市建築局、大江宏建築事務所
  • 施工 : 清水・間・永楽特別企業体
  • 建築主 : 名古屋市
  • 構造 : RC造一部S造
  • 階数 : 地下1階、地上1階
  • 敷地面積:21,972.87m2
  • 建築面積:4,554.25m2
  • 延床面積 : 5,610.62m2
  • 竣工 : 1997年3月

インフォメーション[編集]

  • 見学時間 午前9時〜午後5時(展示室・見学無料)
  • 受付時間 午前9時〜午後5時
  • 休館日 年末年始(12月29日〜1月1日)

アクセス[編集]

  • 名古屋市営地下鉄鶴舞線「浅間町」下車、1出口より徒歩約10分
  • 名城線市役所駅」下車、徒歩約12分
  • 市バス栄13系統(栄~安井町西)「名古屋城正門前」下車すぐ

駐車場[編集]

  • 名古屋城正門駐車場(普通車 319台)
午前8時45分〜午後9時まで 30分180円
  • 名古屋城東門駐車場(普通車 202台)
午前8時30分〜午後6時30分まで 30分180円

所在地[編集]

  • 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目 1番1号

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]