無理心中 日本の夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無理心中 日本の夏
Double Suicide: Japanese Summer
監督 大島渚
脚本 田村孟佐々木守大島渚
出演者 桜井啓子
佐藤慶
田村正和
殿山泰司
戸浦六宏
音楽 林光
撮影 吉岡康弘
製作会社 創造社
配給 松竹
公開 日本の旗 1967年9月2日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

無理心中 日本の夏」(むりしんじゅう にほんのなつ)は、1967年9月2日に公開された日本映画大島渚監督作品[1][2][3]

概要、ストーリー[編集]

18歳のネジ子は男無しでは生きられない女であった[4]、ある日男を海岸に誘い出すが、自分には興味を示さず、ただ自殺を望むだけであった。しかしそこで偶然やくざたちがライフルを掘り出しているのを目撃してしまい、、、[2][1][5]。登場人物の中でネジ子は紅一点であり、少年以外の登場人物のキャラクターはいささか不潔感のある設定となっている[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

映像ソフト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 無理心中 日本の夏”. 松竹DVD. 23 November 2018閲覧。
  2. ^ a b 無理心中 日本の夏”. 般社団法人 日本映画製作者連盟. 2018年11月23日閲覧。
  3. ^ 大島渚著作集 第3巻 (わが映画を解体する) 大島渚 著,四方田犬彦, 平沢剛 編 『無理心中・日本の夏』へ参加する諸君へ P.71 ISBN 9784329004611
  4. ^ a b フィルムメーカーズ 9 大島渚 130ページ キネマ旬報社
  5. ^ 無理心中日本の夏”. 日本映画情報システム. 2018年11月23日閲覧。


外部リンク[編集]