日本春歌考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本春歌考
Sing a Song of Sex
(A Treatise on Japanese Bawdy Songs)
監督 大島渚
脚本 田村孟
田島敏男
佐々木守
大島渚
製作 中島正幸
出演者 荒木一郎
音楽 林光
撮影 高田昭
編集 浦岡敬一
製作会社 創造社
配給 松竹
公開 1967年2月23日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本春歌考』(にほんしゅんかこう)は、大島渚監督による1967年の日本の映画。

あらすじ[編集]

中村豊明(荒木一郎)は上田秀男(岩淵孝次)、丸山耕司(佐藤博)、広井克巳(串田和美)とともに大学受験のために上京する。彼らは同級生の里美早苗(宮本信子)、金田幸子(吉田日出子)、池上智子(益田ひろ子)を誘い、教師の大竹(伊丹一三)と居酒屋へ向かう。その夜、大竹は睡眠中のガス中毒によって命を落とす。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

黒沢清は「政治的メッセージと若者青春映画というバランスが非常にいい映画」として本作を評価した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 黒沢清「講師 黒沢清 - 映画表現理論 東京藝術大学大学院映像研究科」『BRUTUS』、マガジンハウス、2009年2月1日、 38-41頁。

外部リンク[編集]