灰チタン石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
灰チタン石(ペロブスカイト)
perovskite
perovskite
分類 酸化鉱物
シュツルンツ分類 4.CC.30
Dana Classification 4.3.3.1
化学式 CaTiO3
結晶系 斜方晶系
へき開 なし
モース硬度 5.5
光沢 金剛光沢
褐色
条痕 灰黒色
比重 4.0
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

灰チタン石(かいチタンせき、perovskite)あるいはペロブスキー石[4]ペロブスカイト[5]は、酸化鉱物の一種。化学組成は CaTiO3チタン酸カルシウム)、結晶系斜方晶系灰チタン石グループの鉱物。

産出地[編集]

下部マントルにおいてMgSiO3がペロブスカイト構造をとっていることが知られている。その相に対応する鉱物名はブリッジマナイトである。ペロブスカイト自体が下部マントルかんらん岩を構成するわけではない。

地殻でも見られ、日本では、岡山県高梁市(旧備中町)のスカルン中に産する[6]

性質・特徴[編集]

立方体八面体の自形結晶。

サイド・ストーリー[編集]

名前は、ロシア鉱物学者 L. A. Perovski にちなむ。

灰チタン石グループ[編集]

  • 灰チタン石(perovskite) - CaTiO3
  • タウソン石(tausonite) - SrTiO3
  • lueshite - NaNbO3
  • latrappite - (Ca,Na)(Nb,Ti,Fe)O3
  • ロパライト (loparite-(Ce)) - (Ce,Na,Ca)(Ti,Nb)O3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「おもな鉱物」『理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、639頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Perovskite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=3166 2012年4月11日閲覧。  (英語)
  3. ^ Perovskite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Perovskite.shtml 2012年4月11日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、324頁。ISBN 4-8181-8401-2
  5. ^ 日本地質学会編 『地質学用語集 - 和英・英和』 共立出版2004年、367頁。ISBN 4-320-04643-9
  6. ^ 草地功逸見千代子逸見吉之助「岡山県備中町布賀産ペロブスカイト」 、『鉱物学雜誌』第11巻第4号、日本鉱物学会1973年、 219-226頁、 doi:10.2465/gkk1952.11.219ISSN 0454-1146

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]