渡邉貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邉 貢(わたなべ みつぐ、1963年3月20日 - )は日本のロックバンドPERSONZベーシスト

来歴[編集]

高校卒業後、新潟からプロミュージシャンを目指し上京。下北沢でAUTO-MODGENETとの運命的な出会いがあり、東京にてバンド活動を始め1982年2月にAUTO-MODの正式メンバーとなった。その後1985年のAUTO-MODの解散に伴いGENETからJLLLへ託されたひと言でPERSONZの前身となるバンド、NOTHING PERSONALにほぼ強制的に参加。当時はPinupsのメンバーで作ったFiction Of Romanceなどのサポートと並行して活動する中、1984年に偶然近所に住んでいた同じ新潟出身の藤田勉と再会。ドラマーを探していたPERSONZのオーディションに誘い、1984年に正式にふたりともPERSONZのメンバーとなる。

PERSONZでの作曲を中心的に担うようになるのは名曲「DEAR FRIENDS」をインディーズ時代に書きおろしてから。

サポート活動は布袋寅泰のツアーと青山テルマのツアー。曲提供は二丁拳銃に書き下ろしの曲を提供。

1990年には公私ともにパートナーであったJILLと結婚。

1998年11月26日には初のソロアルバム「Spillover」を発表。

1999年にはPERSONZがデビュー以来所属していたARBオフィスから独立。

その後JILLと共にPERSONZのプライベートオフィスを立ち上げ、現在はPERSONZのプロデュース、オフィスの代表取締役を担っている。

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

収録曲

  1. The World Lost It's Way (作曲:渡邉貢)
  2. Innerlife Spillover (作曲:渡邉貢)
  3. Love+Smile+Dream (作曲:渡邉貢)
  4. Do The Right Thing (作曲:渡邉貢)
  5. Faith (作曲:渡邉貢)
  6. Persimmon (作曲:渡邉貢)
  7. Persimmon (作曲:渡邉貢)
  8. Til dawn (作曲:渡邉貢)

DVD[編集]

外部リンク[編集]