藤田勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 勉(ふじた つとむ、1962年6月26日 - )は日本のロックバンドPERSONZドラマー

来歴[編集]

新潟県新潟市生まれ。アマチュアバンドWKC絶頂遊戯を経て1984年ドラマーオーディションにより、PERSONZの正式メンバーとなる。ライブハウスを中心にライブ活動を展開しインディーズで人気を博す。1987年9月、PERSONZのドラマーとしてメジャーデビュー。現在もPERSONZでの活動を続けている。また1995年7月にはドラム教則ビデオ「ロックドラムワールド」を発表している。

東京都日野市にある日野市立『新選組のふるさと歴史館』で2007年2月3日より開催された第二回特別展「新選組 京都の日々」、2008年2月2日より開催された 第三回特別展『新選組 戊辰戦争のなかで』のオリジナルテーマ曲を作曲するなど活動の幅を広げている。

2009年度、早稲田大学オープンカレッジにおいて江戸大衆音曲についての講座を担当。

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  1. プロローグ 慶応四年 (作曲:藤田勉)
  2. 第1章 京都から転進する (作曲:藤田勉)
  3. 第2章 日野宿農兵隊 (作曲:藤田勉)
  4. 第3章 甲陽鎮撫隊へ (作曲:藤田勉)
  5. 第4章 北関東の戦争〜近藤勇 最後の戦い〜 (作曲:藤田勉)
  6. 第5章 会津戦争 (作曲:藤田勉)
  7. 第6章 函館戦争 (作曲:藤田勉)
  8. 歳三の子守唄 (作曲:藤田勉)
  9. 第7章 家族・親戚、多摩郷党の思い (作曲:藤田勉)
  10. ボーナストラック 第二回特別展より〜新選組 京の戦い〜 (作曲:藤田勉)
  1. 義 (作詞:井上雅雄 / 作曲:藤田勉 / 歌:ひろみ)
  2. 砂の舟 (作詞:井上雅雄 / 作曲:藤田勉 / 歌:ひろみ)
  3. 義〜カラオケ〜 (作曲:藤田勉)
  4. 砂の舟〜カラオケ〜 (作曲:藤田勉)
  1. 『新選組 その後』メインテーマ (作曲:藤田勉)
  2. 新政府の弾圧と多摩の抵抗 (作曲:藤田勉)
  3. 文明開化の狂騒曲 (作曲:藤田勉)
  4. 新時代の光いまだ遠く (作曲:藤田勉)
  5. 自由民権の英雄達の讃歌 (作曲:藤田勉)
  6. 多摩川の畔で (作曲:藤田勉)

ビデオ[編集]

  1. Rock Drum World (1995年7月21日)

外部リンク[編集]