田中詠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 詠司(たなか えいじ、1968年9月11日 - )は日本ギタリストロックバンドGALAPAGOSPERSONZの元ギタリストである。大分県生まれ。

経歴[編集]

1990年GALAPAGOSのギタリストとして東芝EMIよりメジャーデビュー。シングル「INDIAN BOY」、「WAR THE WAR」、「MY LOVE AGAIN」、「ロックバルーンは99」とアルバム『DOWN BY LAW』、『FLOWERS』、『HONEY PIE』、『TREASURE』を発表し、1994年に解散。

その後、PERSONZのギタリストとしてPERSONZ新宿ライブハウス“LIQUID ROOM”(現在は恵比寿に移転)で1995年3月10日に開催したライブからサポートメンバーとして参加、1996年3月に正式メンバーとなる。シングル「blue heaven」、「Open Sesame!」、「夢の涯てまでも」、「River」、「DEAR FRIENDS-21st version-」とアルバム『GENERATOR』、『COME ALIVE 1986-1995』、『GUARDIAN ANGEL』、『Rain In My Heart』、『singin'II 1993-1998』、『Departure!』、『APOLLO』やJILLのソロアルバムに参加し、渋谷のライブハウスCLUB QUATTRO2001年4月21日に開催したライブを最後に脱退。脱退後SWEET NUMBER NINEに在籍する。

GALAPAGOSのメンバー[編集]

PERSONZのメンバー[編集]