渡辺重綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
渡辺重綱
Watanabe Shigetsuna01.jpg
渡辺重綱(守綱寺所蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正2年(1574年
死没 慶安元年10月1日1648年11月15日
別名 通称:半蔵、忠右衛門
主君 徳川家康義直
尾張藩付家老
氏族 三河渡辺氏
父母 父:渡辺守綱、母:平岩親重
兄弟 重綱宗綱成綱渡辺秀綱室、
三田九郎次郎室、渡辺五右衛門室、
彦坂忠元
正室:水野正重
継室:杉浦盛嗣
勝綱仲綱忠綱治綱吉綱
綱貞(三綱)長綱石川正光正室、
松平三左衛門室、稲葉正通

渡辺 重綱(わたなべ しげつな)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将尾張藩の家老。渡辺半蔵家2代当主。

略歴[編集]

天正2年(1574年渡辺守綱の子として三河国に誕生。天正16年(1588年)、徳川家康に出仕、小田原征伐関ヶ原の戦いに出陣。慶長15年(1610年)父と共に家康の九男・義直に付属せられ、大坂冬夏両陣では先鋒を務めた。

元和6年(1620年)父・守綱の死去により、三河と近江国の遺領を2代将軍・徳川秀忠より賜り、義直からも尾張国に5000石の知行を賜る。後、同心の知行として7000石を加増される。

寛永18年(1641年)執政(家老)となる。寛永20年(1643年)隠居して家督を四男・治綱に譲り、隠居料として2000石を賜る。

慶安元年(1648年)10月1日死去。享年75。

系譜[編集]

長男・勝綱は慶長15年(1610年)秀忠に仕え、大坂の陣に出陣、元和元年(1615年)父に先立って没した。次男・仲綱は早世。三男・忠綱は元和元年(1615年)秀忠に仕え、父より3000石の分与を受けるも、元和9年(1623年)父に先立って没した。五男・吉綱は兄忠綱の名跡を継いで元和9年(1623年)秀忠に仕え、後に武蔵野本藩主となる。六男・綱貞は徳川家光に仕えて従五位下大隅守に叙任、江戸南町奉行大目付等を務めた。のちの延宝8年(1680年)6月27日、大目付を勤めていた頃、越後騒動の裁定に対して徳川綱吉の勘気を被り、改易および八丈島遠島処分となった。綱貞の三人の息子も他家へ預けられた。 七男・長綱は重綱の死後、その隠居料だった2000石を相続して尾張藩に仕えることになる。長綱は寛文八年(1668年)九月朔日に享年26で早世するが、長綱の長男・基綱は大名渡辺家を相続して野本藩主及び和泉国伯太藩主となり、次男・定綱は本家で尾張藩万石年寄の渡辺半蔵家を相続することになる。

出典[編集]

関連作品[編集]

映画
テレビドラマ