渡辺誠 (考古学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺 誠(わたなべ まこと、1938年(昭和13年) - )は、日本の考古学者名古屋大学名誉教授福島県いわき市出身。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程満期退学、1995年「日韓交流の民族考古学」で慶大博士(史学)。古代学協会研究員、平安博物館、名大文学部助教授教授。2002年定年退官、名誉教授、山梨県立考古博物館館長・山梨県埋蔵文化財センター所長。

著書[編集]

  • 『縄文時代の漁業』雄山閣出版 考古学選書、1973
  • 『縄文時代の植物食』雄山閣出版 考古学選書、1975
  • 『縄文時代の知識』東京美術 考古学シリーズ、1983
  • 『日韓交流の民族考古学』名古屋大学出版会、1995
  • 『よみがえる縄文人 悠久の時をこえて』学習研究社、1996
  • 『目からウロコの縄文文化 日本文化の基層を探る』ブックショップマイタウン、2008
  • 『よみがえる縄文の女神』学研パブリッシング、2013

共編著[編集]

  • 『古代人の暮らしをさぐる』江坂輝弥共監著 福武書店 日本人はどこからきたかシリーズ、1986
  • 『装身具と骨角製漁具の知識』江坂輝弥共著 東京美術 考古学シリーズ、1988
  • 『人間の美術 1 縄文の神秘』梅原猛共著 学習研究社、1989
  • 『湖の国の歴史を読む』編 新人物往来社、1992
  • 『普及版・季刊考古学 縄文人・弥生人は何を食べたか』甲元眞之共編 雄山閣出版、2000

参考[編集]

  • ISBN 4054057969
  • 渡辺誠教授略歴・業績目録 名古屋大学文学部研究論集. 史学、2002 - 03 - 31