渡辺直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 直己(わたなべ なおき、1908年明治41年)6月4日 - 1939年昭和14年)8月21日)は、広島県呉市出身の歌人

広島高等師範学校(現:広島大学卒業

広島県立呉高等女学校(現:広島県立呉三津田高等学校)の教師でもあった。

1935年昭和10年)、歌人の伊藤左千夫を中心にして1908年(明治41年)に作られた短歌誌『アララギ』に入会し、歌人、国文学者土屋文明に師事した。

奉職中に1937年(昭和12年)、日中戦争のため応召され、中国第五師団歩兵第十一連隊陸軍少尉として送られる。 河北省天津市山東省済南市湖北省漢口(現:武漢市)に転戦したが、発熱のため入院し、その後は再び天津市に警備にあたった。

1939年(昭和14年)8月21日、中国河北省天津市にて洪水により戦死した。

翌年の1940年(昭和15年)に『渡辺直己歌集』が刊行された。

直己は戦う知識人として思想的苦悩、写実的な戦争に関する短歌を詠み、後々まで広い影響を与えた[1]

2012年現在、広島城外に、記念碑がある。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 渡辺直己 - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年11月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]