入院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

入院

  • (にゅういん)と名の付く所に入ること。特に、病気や怪我の治療などのために一定の期間、病院病床に宿泊し治療を受けること[1]。反対に施設から出ることは退院という。入院中に亡くなった場合でも「病『院』から『退』く」ので、退院として扱われる(特に死亡退院と呼ぶ)。
  • (じゅいん)僧侶住職となって寺(寺院)に入ること[1]

なお、以下の場合は一般には「入院」とは言わず、他の表現を用いる。

  • 少年院は「入所」と言う。
  • 修道院は「入る」や(修道院ではなく修道会名を挙げ)「○○修道会に入会する」あるいは「○○○修道院で修練者[注 1]としての生活を開始し、1年後に修道士となった」などと言う。
  • 大学院は「○○大学院に入学した」や「大学院に進学した」などと言う。大学院の課程を終えることは履歴書など正式な書類では「卒業」とは書かず「修了」と書く。
  • 学院は、学校の場合は「入学」、養成所[2]予備校学習塾[3]などの場合は「入所」「入校」「入塾」などと言う。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 修道士の養成段階。

出典[編集]

  1. ^ a b goo辞書
  2. ^ 勝田声優学院など、「学院」と付く養成所。
  3. ^ 四谷学院東京個別指導学院など、「学院」と付く学習塾。