この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

四谷学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレーンバンク株式会社 四谷学院
創立者 植野 治彦
団体種類 株式会社
設立 昭和49年8月
所在地 東京都新宿区四谷1-10
主要人物 代表取締役 植野 治彦
活動地域 四谷、池袋、自由が丘、吉祥寺、町田、厚木、立川、横浜、藤沢、千葉、大宮、川越、柏、船橋、三鷹、八王子、光が丘、南浦和、たまプラーザ、梅田、なんば、京都、神戸、名古屋、福岡天神、北九州、札幌、広島、仙台
活動内容 高卒生・高校生教育事業(予備校および個別指導塾の運営、教材の出版・販売、その他サービス)
活動手段 教育事業
収入 110億(2011年3月期)
基本財産 1000万円
従業員数 約800名(非常勤講師含まず)
ウェブサイト http://www.yotsuyagakuin.com/
テンプレートを表示

四谷学院(よつやがくいん)は、1974年昭和49年)に創業したブレーンバンク株式会社が経営する日本予備校。本部は東京都新宿区四谷

沿革

創業時は、「英語の才能開発」「数学の才能開発」を制作・販売。「英語の才能開発」は東京都の推薦教材となる(英語の監修は東京大学名誉教授の鈴木博。数学は早稲田大学名誉教授の高瀬礼文)。その後、教材作成だけでなく個別指導の教室を開校。並行して大検コース(現高認コース)がスタート。さらに大学受験コースを設置している。また、各種の資格対策講座も通信形式で開講するなど、多角化をはかっている。

概要

大学受験予備校の他、小中学生の個別指導塾や高認(大検)取得を目指す高卒認定試験コース、大学生・社会人向けの資格取得の通信講座、障がいを持つ児童に対する療育プログラムなどを運営している。学習システムは、「科目別能力別クラス授業」と「55段階個別指導」から構成される。キャッチコピーは「なんで、私が東大に!?」(関西圏では「東大」を京大に置き換えている)。

関連事業

四谷学院個別指導教室

首都圏・関西を中心に25教室を展開している個別指導教室(2009年4月現在)。
受講形態は1対1、1対2から選ぶことができ、講師はプロ講師か学生講師を選ぶことができる。指導は間仕切りで仕切られたブース式の教室で行う。

小学生コース/中学生コースでは、各学年ごとに習得すべき内容を100項目に細分化して一つ一つの習得度を確認する「55段階プログラム」を利用することができる。
高校生・大学受験コースでは、予備校部門で使われている「55段階個別指導」の教材を利用することができる。

  • 首都圏(19教室):三鷹教室・八王子教室・南浦和教室・光が丘教室・たまプラーザ教室・四谷教室・池袋教室・自由が丘教室・吉祥寺教室・町田教室・立川教室・横浜教室・藤沢教室・厚木教室・大宮教室・川越教室・千葉教室・柏教室・船橋教室
  • 中京圏(1教室):名古屋教室
  • 関西圏(4教室):梅田教室・なんば教室・京都教室・神戸教室
  • 福岡圏(2教室):福岡天神教室・北九州教室
四谷学院高卒認定試験コース

高卒認定試験の合格を目指す通学コース。四谷校(新宿区四谷)で開講されている。1年以内で全科目合格することを掲げており、出席率が9割以上で1年間で合格できなかった場合は、次回試験までの学費を免除する合格保障制度を導入している。 また高卒認定試験取得者に対し、取得後1年半の期間で大学受験を目指す「高認からの大学受験コース(スリーハーブズコース)」が併設されている。

四谷学院通信講座

大学生・社会人向けの資格取得講座や、大学院の入試対策講座などの通信講座。多くの講座でスモールステップごとに学習を進めることのできる「55段階学習プログラム」が採用されている。

55段階療育プログラム

四谷学院通信講座が運営する、子ども(幼児・児童)の発達を支援し、同時に家族をサポートする療育プログラム。自閉症児と健常児の混合教育で実績をもつ学校法人武蔵野東学園の協力のもと、子どもの発達段階に応じて家庭で取り組める学習システムを提供している。

看護国試コース

看護師国家試験対策のためのコース。年間を通して授業を行う日曜コースのほか、春期講習・夏期講習・冬期講習・社保特訓・直前講習の短期講習が開催されている。授業は主に首都圏の校舎で行われている。

校舎

四谷学院札幌校(2012年11月)

首都圏に14校舎、仙台に1校舎、札幌に1校舎、関西に4校舎、名古屋に1校舎、広島に1校舎、福岡に2校舎の計24校舎を展開している(2010年12月現在)

略史

  • 1974年8月 - 新宿区四谷にて創立
  • 1980年3月 - 「英語の才能開発システム」・「数学の才能開発システム」完成
  • 2005年7月 - 小学生・中学生の55段階スタート
  • 2006年4月 - 「通信教育のブレーンバンク」スタート
  • 2006年10月 - 「通信教育のブレーンバンク」を「四谷学院通信講座」に改称

その他

  • 『学部学科がわかる本』(アーク出版)- 首都圏の高校で進路指導の資料として50,000部が採用されている。

外部リンク