清滝城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清滝城(きよたきじょう)は信濃国埴科郡英多荘(現・長野県長野市松代清滝)にあった日本の城山城)である。

1335年建武2年)、諏訪氏滋野氏らが北条時行を匿い、鎌倉幕府の再興を図った。これに呼応した国人領主の四宮氏保科氏は足利方の小笠原貞宗の守護所を襲撃し、青沼合戦で敗走させた。一時劣勢であった足利勢が鎌倉を奪回して中先代の乱が収束に向かうと、後ろ盾を得た守護小笠原氏は勢いを盛り返した。そして北条勢の残党が立て篭もるこの城を1336年(建武3年)に村上信貞らと共に攻略して、さらに牧城へと転戦した。

関連項目[編集]