添田知道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
添田さつきから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

添田 知道(そえだ ともみち、1902年6月14日 - 1980年3月18日)は、日本の演歌師作家評論家である。芸名は-さつき、号は吐蒙(ともう)、啓蒙の逆で「世迷いごとを口にする」の意。

人物・来歴[編集]

1902年(明治35年)6月14日添田唖蝉坊の長男として東京に生まれる。幼くして母を亡くし他家へ養子にやられるが、下谷区万年小学校(学校はなくなったが、現在はその地に台東区立駒形中学校がある)で坂本龍之輔(駒形中学校飛地のグラウンド脇に胸像あり)の世話になり、1914年卒業する。

1916年(大正5年)、日本大学附属中学校(現在の日本大学第一高等学校)中退の後、堺利彦らの売文社に勤め、父の演歌活動に参加、その跡を継いで「添田さつき」の芸名で演歌師となり、『パイノパイノパイ』などの流行歌を作り出す。浅草の会素面の会などの世話役を務める。

1927年(昭和2年)より文筆活動を開始し、1940年(昭和15年)、街頭演歌の衰退に伴い文筆に専念、本名で、万年小学校時代の恩師・坂本を主人公とした長編小説『小説 教育者』(全四部)を書き、1942年(昭和17年)、新潮社文芸賞を受賞した。作品は、長谷川伸吉川英治らから激賞される。受賞の時点では、『小説 教育者』は、第三部までしか書かれていなかった。

戦後は、演歌師の生活などを描いた著作を刊行し、1964年(昭和39年)、『演歌の明治大正史』で毎日出版文化賞受賞。1967年(昭和42年)、『歌と音でつづる明治』の監修で、第9回日本レコード大賞企画賞を受賞。

1980年(昭和55年)3月18日、信州・上田市の安藤病院で食道がんで死去。77歳没。「添田知道を偲ぶ会」が、同年5月2日、浅草伝法院で行われ、竹中労田谷力三小沢昭一らが参集した。

『日本春歌考』は、大島渚監督の同名の映画の着想の元となった。また、浅草・浅草寺の弁天堂鐘楼下には、父・唖蝉坊の碑と知道の筆塚がある。遺稿などは、神奈川近代文学館に寄贈された。

近年、チンドン楽団のソウル・フラワー・モノノケ・サミットが、父・唖蝉坊の楽曲とともに知道の楽曲もレパートリーにしており、CD作品としてもリリースしている(『アジール・チンドン』に「復興節」「東京節」が、『デラシネ・チンドン』に「ストトン節」が収録)。

著書[編集]

  • 『利根川随歩』、三学書房、1941年
  • 『人生の奇術』、興亜文化協会、1942年
  • 『小説 教育者』(全4部)、錦城出版社、1942 - 47年 (玉川大学出版部より復刊、1987年)
  • 『どん底の顔』、興栄社、1948年
  • 『流行り唄五十年 唖蝉坊は歌う』、朝日新聞社(朝日文化手帖)、1955年
  • 『演歌の明治大正史』、岩波新書、1963年
  • 『香具師(てきや)の生活』、雄山閣出版、1964年
  • 『日本春歌考 庶民のうたえる性の悦び』、光文社カッパブックス、1966年
  • 『演歌師の生活』、雄山閣出版、1967年
  • 『東京の味』、保育社カラーブックス、1968年
  • 『ノンキ節ものがたり』、青友書房、1973年
  • 『秘籍江戸文学選 9 春歌拾遺考』、日輪閣、1975年
  • 『奥上州の旅 利根の川上随歩』、崙書房、1977年
  • 『添田唖蝉坊・知道著作集』全5巻・別巻1 刀水書房、1982-84年
  1. 唖蝉坊流生記 (解説・荒瀬豊) 
  2. 浅草底流記 (解説・小沢昭一)
  3. 空襲下日記 (解説・荒瀬豊)
  4. 演歌の明治大正史 (解説・安田武)
  5. 日本春歌考 (解説・大島渚)
  6. 別巻 流行歌明治大正史 (解説・小島美子)

『唖蝉坊流生記』が、唖蝉坊のもので、同巻には知道の書いた唖蝉坊のその後の様子を伝える 著作が含まれている。その他は、知道の著作。『日本春歌考』は、大島渚の同名の映画の下敷きになったものだが、本の内容は春歌の収集と考察について書かれたものであり、これがそのまま映画になったのではない。

評伝[編集]

関連事項[編集]