河田聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわた さとし
河田 聡
主な受賞歴
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

河田 聡(かわた さとし、1951年昭和26年〉10月1日 - )は日本の応用物理学者。大阪大学名誉教授理化学研究所名誉研究員。専門はナノフォトニクス。「ナノフォトン株式会社」会長兼社長。

略歴[編集]

大阪府池田市出身、1970年(昭和45年)大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業[1]1974年大阪大学工学部応用物理学科卒業。阪大大学院に進み鈴木達郎に師事。1979年博士課程修了(工学博士)。米国カリフォルニア大学アーバイン校博士研究員。

南茂夫に師事し阪大助手助教授を経て、1993年平成5年)教授に(工学部・工学研究科・生命機能研究科・情報科学研究科を兼務)。2013年から特別教授。

人物[編集]

(フォトン)とナノ構造の相互作用の研究である「ナノフォトニクス」の研究者で、2002年から理化学研究所の主任研究員を兼務。2010年ナノフォトニクス研究室チームリーダー。

日本分光学会元会長で、日本学術振興会学術システム研究センター専門研究員のほか、学術雑誌「Optics Communications」の編集者、米国光学会(OSA)や英国物理学会(IOP)、国際光工学会(SPIE)のフェローなど。

2003年、レーザー・ラマン顕微鏡の製造会社「ナノフォトン株式会社」を創業。2016年、阪大の関係者による研究教育機関「セレンディップ研究所」を立ち上げ主任研究員も務める。

受賞[編集]

主な著書[編集]

  • 『超解像の光学(日本分光学会測定法シリーズ)』(学会出版センター、1999年)
  • 『論文・プレゼンの科学 読ませる論文・卒論、聴かせるプレゼン、優れたアイディア、伝わる英語の公式』(アドスリー、2016年)

共著[編集]

  • 『科学計測のための画像データ処理 パソコンEWS活用による画像計測&処理技術』(南茂夫との共著、CQ出版、1994年)
  • 『科学計測のためのデータ処理入門 科学技術分野における計測の基礎技術』(南茂夫との共著、CQ出版、2001年)

脚注[編集]

  1. ^ Prof. Kawata's Cyber Lab(公式サイト)” (日本語). 河田 聡 (2004-00-00). 2020年9月10日閲覧。
  2. ^ 櫻井健二郎氏記念賞歴代受賞者” (日本語). OITDA(一般財団法人光産業技術振興協会) (2014-00-00). 2020年9月10日閲覧。
  3. ^ 過去の受賞一覧 第30回 / 市村賞贈呈 | 公益財団法人 市村清新技術財団

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
小長井誠
応用物理学会会長
2014年 - 2016年
次代:
保立和夫