決断 (小杉健治)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
決断
著者 小杉健治
発行日 2014年5月23日
発行元 双葉社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
公式サイト 株式会社双葉社|決断(ケツダン)
コード ISBN 978-4-575-23859-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

決断』(けつだん)は、小杉健治による日本の推理小説。『小説推理』で2013年9月号から2014年1月号まで連載された。2015年3月4日テレビ東京水曜ミステリー9」でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

テレビドラマ[編集]

あらすじ(テレビドラマ)[編集]

芝浦のマンションで銀座の高級クラブのホステスの死体が発見される。現場を見た東京地検検事の江木秀哉は、奇妙な違和感を覚える。司法解剖の結果、被害者は妊娠3か月だったことが判明する。マンションの防犯カメラから不審な男の存在が明らかになり、やがて東京地検の公金不正流用疑惑を追及する代議士の芦田俊弥が容疑者として浮上する。

間もなく、秀哉の父で、名刑事と謳われた江木秀蔵の唯一の未解決事件、18年前のグラビアモデル殺害事件にも、芦田の名が出ていたことが判明する。当時、容疑者だった戸山洋司を訪ね、死体遺棄は時効だからと説き伏せると、芦田に頼まれて死体を遺棄したことを認めた。当時、芦田の父親が次期警視総監と目される警視監の地位にあったことから、もみ消されたらしい。秀哉は家庭を顧みなかった父と絶縁状態にあったが、18年を隔てた2つの事件によって親子の絆がよみがえる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]