池田政養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田政養
時代 江戸時代後期
生誕 安永元年12月8日1772年12月31日
死没 文政2年7月3日1819年8月23日
改名 陽助、政養
戒名 養賢院殿
官位 従五位下内匠頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
備中鴨方藩
氏族 池田氏(利政流)
父母 池田政直
兄弟 政養政長長義四辻公万室、
松平忠元継室
池田治政兼子、岩田氏
政共政広政善水野元茂
テンプレートを表示

池田 政養(いけだ まさよし)は、江戸時代後期の大名備中国鴨方藩6代藩主。官位従五位下内匠頭

略歴[編集]

5代藩主・池田政直の長男として誕生した。幼名は陽助。

寛政12年(1800年)8月26日、父の隠居により跡を継ぐ。文政2年(1819年)7月3日、48歳で死去する。法名は養賢院殿。跡を嫡男の政共が継いだ。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 大森映子『お家相続 大名家の苦闘』(吉川弘文館、2018年)p.83-99
  2. ^ a b 政広は政共の死後に家督相続するも、内密で政善とすり替わっており、以後は表向きの出自は入れ替えられている。
  3. ^ a b 政広の方が出生は約半年早い。旧暦では文化7年と8年になり、数え年は1歳違いになる。