池田政直 (鴨方藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田 政直
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享3年1月27日1746年3月18日
死没 文政元年8月16日1818年9月16日
改名 陽助(幼名)、政直
戒名 天寥院殿
官位 従五位下信濃守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
備中鴨方藩
氏族 池田氏(利政流)
父母 父:池田政方、養父:池田政香
兄弟 政香政直本間季農政宣竹中重寛方教頼功大関増備正室、内藤忠見継室、島津久般正室、京極高厚継室、酒井忠啓正室、稲垣照敦室、牧野成賢室、池田直好養女、逸見長祥正室、依田守甫室ら
正室:桂厳院毛利政苗の娘)
政養政長長義四辻公万室、松平忠元継室
テンプレートを表示

池田 政直(いけだ まさなお)は、江戸時代中期の大名備中国鴨方藩の第5代藩主

略歴[編集]

第3代主・池田政方の次男として誕生。幼名は陽助。

明和5年(1768年)、兄で先代藩主の池田政香が死去したため、その養嗣子となって跡を継いだ。寛政12年(1800年)8月26日、長男・政養に家督を譲って隠居し、文政元年(1818年)8月16日に73歳で死去した。

系譜[編集]