池田博道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田博道
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享5年(1748年
死没 文化9年8月4日1812年9月9日
改名 民之助、清煕、博道
別名 弁之進、刑部、右膳、隼人(通称)
墓所 岡山県岡山市北区建部町の阿光山建部池田家墓所
主君 池田治政斉政
備前岡山藩
氏族 池田氏(長政流)
父母 池田俊清
兄弟 勝敬乾長孝博道
伊木忠知三女仙
博教伊木忠真池田方智朽木真綱
テンプレートを表示

池田 博道(いけだ ひろみち)は、江戸時代中期から後期にかけての岡山藩家老。通称は弁之進、刑部、右膳、隼人。建部池田家(森寺池田家)9代当主。

略歴[編集]

延享5年(1748年)、岡山藩家老池田俊清の四男として誕生。幼名は民之助。初名清煕。

嫡男だった兄・勝敬が早世したため、宝暦13年(1763年)に16歳で嫡男となる。明和2年(1765年)4月、父の隠居により家督を継ぐ。

天明8年(1788年)、仕置家老となる。寛政8年(1796年)、藩政改革を志す藩主池田斉政に藩財政悪化の責任を問われ、仕置職を辞職する。

寛政10年(1798年)、御津郡中田村(後の建部村)の別邸に、家臣瀧野善左衛門等に命じて、家中子弟の文武修練のため学問所を設置する。成績の優秀なものには加増し、劣るものには禄を減じた。また、指導にあたる教授には、家禄の他に職俸を給した。

享和3年(1803年)、隠居し嫡男の博教に家督を譲る。文化9年(1812年)8月4日没。墓所は阿光山建部池田家墓所(岡山県岡山市北区建部町)。次男の忠真は正室仙の実家伊木家に養子入りしている。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『岡山県教育史』
先代:
池田俊清
建部池田家(森寺池田家)
9代
1765年 - 1803年
次代:
池田博教