池田俊清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田俊清
時代 江戸時代中期
生誕 宝永4年12月2日1707年12月25日
死没 明和2年6月9日1765年7月26日
改名 七介、俊清
別名 右膳、隼人(通称)
墓所 岡山県岡山市北区建部町の阿光山建部池田家墓所
主君 池田継政宗政治政
備前岡山藩
氏族 日置氏池田氏(長政流)
父母 日置忠明、理性院
池田太寅
兄弟 日置忠昌、山脇源太夫、池田信延室、
森臻今枝恒明利恭俊清
上田主水妹
勝敬乾長孝博道里子
テンプレートを表示

池田 俊清(いけだ としきよ)は、江戸時代中期の岡山藩家老通称は右膳、隼人。建部池田家(森寺池田家)8代当主。

略歴[編集]

宝永4年(1707年)12月2日、岡山藩家老日置忠明の子として誕生。母は理性院。幼名は七介。

享保8年(1723年)、従兄の家老池田太寅の養子となり、建部池田家を相続する。同年、藩主池田継政御目見する。通称を右膳と名乗る。寛保3年(1743年)閏4月、仕置家老となり通称を隼人と改める。宝暦6年(1756年)、実母の理性院が死去する。宝暦12年(1762年)、嫡男の政之介(勝敬)が死去し、四男の民之助(清煕)を新たに嫡男とする。宝暦14年(1764年)、牛窓で朝鮮通信使の接待役を務める。明和2年(1765年)4月、隠居し清煕に家督を譲る。同年6月9日没。墓所は阿光山建部池田家墓所(岡山県岡山市北区建部町)。

次男の長孝は鳥取藩家老乾家を継いでいる。また、長男勝敬の許婚であった里子(土肥経平の娘)を養女として公家五条為俊に嫁がせている。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』
先代:
池田太寅
建部池田家(森寺池田家)
8代
1723年 - 1765年
次代:
池田博道