池田長政 (建部池田家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田長政
時代 江戸時代前期
生誕 天正17年(1589年
死没 寛永11年6月29日1634年7月24日
別名 長門、下総(通称
主君 池田光政
岡山藩
氏族 池田氏(長吉流)
父母 池田長吉伊木忠次
森寺長貞
兄弟 長幸森寺長貞長政長頼長賢
長泰
テンプレートを表示

池田 長政(いけだ ながまさ)は、江戸時代前期の岡山藩家老通称は長門、下総。建部池田家(森寺池田家)4代当主。

略歴[編集]

天正17年(1589年)、京都聚楽第の池田家屋敷で池田長吉池田輝政の弟)の三男として誕生。

池田家家臣・森寺忠勝の家督を継いでいた慶長11年(1606年)、兄長貞が夭折したため、翌慶長12年(1607年)にその養子となって家督を相続した。知行高1万4000石。筆頭家老に伊木長門忠繁がいたため、藩主の命で通称を長門から下総に改める。後に森寺から池田氏に改めた。

元和3年(1617年)、主君池田光政因幡国伯耆国への移封に伴い、伯耆黒坂に移る。寛永9年(1632年)、光政の備前国岡山への移封に伴い、備前建部に移り、陣屋(幕府をはばかり御茶屋と称した)を構え代々領したため建部池田家と呼ばれた。

寛永11年(1634年)6月29日没。家督は長泰(兄長幸の四男)が養子となって相続した。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』
先代:
森寺長貞
建部池田家(森寺池田家)
4代
1607年 - 1634年
次代:
池田長泰