池田長泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田長泰
時代 江戸時代前期
生誕 寛永3年(1626年
死没 明暦3年2月26日1657年4月9日
別名 下総(通称)
主君 池田光政
備前岡山藩
氏族 池田氏(長吉流)池田氏(長政流)
父母 池田長幸池田長政
兄弟 長常長教長信長泰長重
高島長親水野成言正室、鶴、
堀直時正室、荒尾宣就
池田利政娘森昌院
宗春土倉一長正室
テンプレートを表示

池田 長泰(いけだ ながやす)は、江戸時代前期の備前国岡山藩家老。通称は下総。建部池田家(森寺池田家)5代当主。

略歴[編集]

寛永3年(1626年)、備中国松山藩主・池田長幸の四男として備中松山で誕生。

岡山藩家老の叔父池田長政の養子となり、寛永12年(1635年)に家督相続、建部1万4000石の領主となる。寛永18年(1641年)、実家の松山藩が、藩主の長兄長常が没し末期養子を認められず改易となる。三兄長信は1000石を与えられ旗本となった。

明暦3年(1657年)2月26日没。享年32。家督は嫡男宗春が相続した。正室の森昌院は、宝永4年(1707年)12月6日に84歳で没している。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』


先代:
池田長政
建部池田家(森寺池田家)
5代
1635年 - 1657年
次代:
池田宗春