池田博愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 博愛(いけだ ひろのり、嘉永5年11月4日1852年12月14日) - 昭和2年(1927年8月15日)は、岡山藩家老建部池田家(森寺池田家)第14代当主。男爵

経歴[編集]

父は岡山藩番頭池田靫負佑賢。正室は若桜藩池田徳定の娘鋹子。子は池田博知、池田博直。通称図書介、正勝。養父は岡山藩家老池田博文

慶応2年(1866年)養父博文の隠居により家督相続し、岡山藩家老備前建部1万石の領主となる。維新後は県社閑谷神社の神職を務める。明治39年(1906年)男爵に叙され華族となる。昭和2年(1927年)8月没。爵位は次男の博知が継承した。養弟雄太郎(先代博文の子)は明治36年(1903年)に分家している。

日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(建部/森寺)池田家
初代
1906年 - 1927年
次代:
池田博知
その他の役職
先代:
池田博文
建部池田家(森寺池田家)
第14代
1866年 - 1927年
次代:
池田博知