池田徳定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田徳定
Ikeda Norisada.jpg
池田徳定
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 嘉永元年11月25日1848年12月20日
死没 明治43年(1910年6月21日
改名 政太郎(幼名)、徳風(初名)、徳定
別名 出雲(通称)
戒名 恭德院殿定應義道大居士
墓所 東京都墨田区弘福寺
官位 従五位下丹後守内匠頭相模守子爵
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
因幡若桜藩
氏族 池田氏(仲澄流)池田氏(清定流)
父母 池田仲諟池田清緝
兄弟 清緝徳定徳澄、映子
池田慶徳養女常子
清就、鋹子、松本順了室、日野英治室、
敬子、池田悦吉室、山田某室
テンプレートを表示

池田 徳定(いけだ のりさだ)は、因幡国若桜藩(鳥取西館新田藩)10代(最後の)藩主。

生涯[編集]

嘉永元年(1848年)11月25日、第8代藩主・池田清直の兄・池田仲諟の次男として生まれる。文久2年(1862年)に兄で第9代藩主の清緝が死去したため、その養子として家督を継ぎ、徳風(のりかぜ)と改名する。のち、さらに徳定と改名した。「徳」の字は、義父でもある本家の鳥取藩主・池田慶徳からの偏諱、「定」の字は7代藩主・定保まで用いられていた通字である。

幕末期は佐幕派として御所警備を務め、義父・慶徳の補佐に務め、元治元年(1864年)の禁門の変では慶徳の名代として軍を率いて上洛し、禁門の変にも参加した。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、鳥取藩とともに新政府側に与して伊勢桑名藩と戦った。明治元年(1868年)12月10日、藩名を若桜藩と改名する。明治2年(1869年)6月、戊辰戦争の恩賞として6000両を与えられた。

明治3年(1870年)3月、鳥取藩に合併されて廃藩となった。明治17年(1884年)、華族令により子爵に叙せられる。明治43年(1910年)6月21日に死去した。享年63。

系譜[編集]

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
若桜池田家初代
1884年 - 1910年
次代:
池田清就