池田みち子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池田みち子(いけだ みちこ、1910年4月10日 - 2008年1月7日)は、京都府出身の日本の女性作家である。

人物[編集]

日本大学芸術科卒。日本写真公社に勤務する傍ら『三田文学』などで小説を書き始め、1940年には「上海」で第11回芥川賞候補となった。戦後は作家専業となり、女の性を赤裸々に描いた1950年の「醜婦伝」で注目され、中間小説を多数執筆。「肉体派の風俗作家」と呼ばれる。1981年、『無縁仏』で平林たい子文学賞を受賞。82年の『生きる』は翌年、NHKのドラマ人間模様でドラマ化された。

なお国会図書館では1914年生となっているが、97歳で死去したから1910年が正しい。

著書[編集]

  • 『女学生』偕成社 1950
  • 『姦通夫人』東京文庫 1951
  • 『母の面影』偕成社 1953
  • 『人妻の危機』紫書房 1953
  • 『危険な関係』東方社 1954
  • 『東京の貞操』東方社 1954
  • 『花開く乙女達』東方社 1955
  • 『桃色横丁』東方社 1955
  • 『女の放蕩』鱒書房コバルト新書 1955
  • 『たそがれの女体』東方社 1955
  • 『時代の貞操』東方社 1955
  • 『汚された思春期』東方社 1955
  • 『泥沼の女』東方社 1955
  • 『老嬢クラブ』東方社 1955
  • 『妻の部屋』東方社 1955
  • 『希望の丘』偕成社 1955
  • 『忘れられた女』東方社 1956
  • 『女豹の群』東方社 1956
  • 『情灯』虎書房 1957
  • 『流れる女体』文芸評論新社 1958
  • 『災過の芽』現代社 1958
  • 『女と男と』アサヒ芸能出版 1959
  • 『黒い手』筑摩書房 1960
  • 『悪魔と天使の間』東方社 1961
  • 『無籍者』現文社 1967
  • 『山谷の女たち』現文社 1967
  • 『無縁仏』作品社 1979
  • 『生きる』新潮社 1982
  • 『カインとその仲間たち』福武書店 1983
  • 『夫婦の関係』新潮社 1985
  • 『池田みち子の東海道中膝栗毛(わたしの古典)』集英社 1987 のち文庫
  • 『年月の流れの底に』新潮社 1988