江干区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 浙江省 江干区
慶春広場
慶春広場
簡体字 江干
繁体字 江干
拼音 Jiānggān
カタカナ転写 チャンカン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
浙江
副省級市 杭州市
行政級別 市轄区
面積
総面積 210.22 km²
人口
総人口(2005) 40.4 万人
経済
電話番号 0571
郵便番号 310010
行政区画代碼 330104
公式ウェブサイト http://www.jianggan.gov.cn/

江干区(こうかん-く)は中華人民共和国浙江省杭州市に位置する市轄区。区人民政府は、慶春東路1号にある。江干とは、河畔、大きな川辺、河岸の意[1]

歴史[編集]

清末まで江干地区は銭塘県(江干郷)及び仁和県(江干郷、会堡郷)に分けられていた。1911年宣統3年)、銭塘及び仁和県が廃止され杭州府直轄とされ、1912年民国元年)2月には府制廃止にともない杭県が設置され、江干地区もその管轄とされた。1927年(民国16年)5月には杭州市が成立、同年10月には区制が施行された際に江干区を初めとする6区が設置されている。1930年(民国19年)8月、13区に行政改編された際に江干区は第8区及び第9区に分割され、1934年(民国23年)3月の行政区画整理に際し第8区及び第9区は第5区と改称されている。1949年(明国38年)5月3日、中国共産党が杭州市を実効支配すると第5区は江干区と改称され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 街道弁事所:凱旋街道、采荷街道、閘弄口街道、四季青街道、白楊街道、下沙街道、筧橋街道、彭埠街道、九堡街道、丁蘭街道

脚注[編集]

  1. ^ 『史記』巻69‧蘇秦列伝第9に「然按干是水旁之高地,故有「江干」「河干」是也。又左思呉都賦云「長干延屬」,是干為江旁之地」との記載があり、「干」で河岸を意味するため、繁体字でも「干」となる。一部ネットでは「江幹区」と表現しているがこれは誤りである。