銭塘県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
杭州路 銭塘県
922年 - 1912年
簡体字 钱塘
繁体字 錢塘
拼音 Qiántáng
カタカナ転記 チェンタン
国家
建置 922年
廃止 1912年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口
中国地名の変遷
建置 紀元前211年
使用状況 1912年廃止
銭唐県
前漢銭唐県
後漢銭唐県
三国銭唐県
西晋銭唐県
東晋十六国銭唐県
南北朝銭唐県
銭唐県
銭唐県
五代銭塘県
北宋/銭塘県
南宋/銭塘県
銭塘県
銭塘県
銭塘県
中華民国杭県
現代杭州市

銭塘県(せんとう-けん)は中華人民共和国浙江省杭州市にかつて存在した県。

歴史[編集]

銭塘県の前身は前222年秦朝により会稽郡に設置された銭唐県である。隋代には杭州が設置され、銭唐県に州治が設置された。

五代十国時代呉越が杭州に建都すると、922年龍徳2年)に銭唐県は銭塘県、塩官県に分割され、銭塘県には南陽、北関、安渓、西渓の4鎮11郷が設置された。

南宋になると杭州への遷都が実施され、銭塘県及び仁和県臨安府の首県とされた。銭塘県城内は6廂(左一南廂、左二廂、右一廂、城北右廂、城西廂、左一北廂)、52坊、城外には13郷62里が設置された。

元代から清末にいたるまで銭塘県は杭州路の管轄に置かれ、杭州府治が設置されていた。1912年仁和県との統合が行われ杭県となった。

設置[編集]

922年龍徳2年)、銭唐県が分割され銭塘県が設置される。

廃止[編集]

1912年仁和県と統合され杭県と改編される。

前の行政区画
銭唐県
浙江省歴史的地名
922年 - 1912年
次の行政区画
杭県