義烏市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 浙江省 義烏市
義烏市の鳥瞰
義烏市の鳥瞰
中心座標 北緯29度18分 東経120度04分 / 北緯29.300度 東経120.067度 / 29.300; 120.067
簡体字 义乌
繁体字 義烏
yìwū
カタカナ転記 イーウー
国家 中華人民共和国
浙江
地級市 金華市
行政級別 県級市
面積
- 総面積 1,105.46 km²
- 市区 45 km²
人口
- 総人口(2004) 71.63 万人
経済
電話番号 0579
郵便番号 322000
行政区画代碼 330782
公式ウェブサイト http://www.yw.gov.cn/
                  = http://www.yiwuen.com/

義烏市(ぎう-し)は中華人民共和国浙江省金華市に位置する県級市。日用品の卸売市場が多く立地し、世界的な日用品取引の中心地である。

地理[編集]

義烏は杭州市から南へ100kmほど内陸に入ったところにあり、山に囲まれた金衢盆地(衢江・蘭江・新安江・金華江など、銭塘江の支流が形成する盆地)の東縁に位置する。古くから農業が発達し、水稲サトウキビなどが栽培されている。金華火腿の名産地でもある。

歴史[編集]

この地名は、顔義という男が父親を亡くし埋葬しようとすると、からすが飛んできてくちばしを傷つけながら埋葬を手伝ったという言い伝えによる。義傷、烏孝、烏傷などの過去の県名もこれによる。

前222年により会稽郡義傷県が設置される。新朝が成立すると9年始建国2年)に烏孝県と一時改称されたが、後漢が成立すると間もなく烏傷県に戻された。192年初平3年)には県西部に新たに長山県が、245年赤烏8年)には南部に永康県が分置されている。

621年武徳4年)、烏傷県は稠州に昇格し、その管轄下に烏孝県華川県が設置されたが、3年後に稠州は廃止となり、烏孝、華川両県が統合され義鳥県が誕生した。686年垂拱2年)、県東部に東陽県が、754年天宝13年)には県北部に浦陽県が分置された。

1988年に県級市に改編され現在に至る。

産業[編集]

商品卸売市場[編集]

2002年に開業した義烏国際商貿城(福田市場[1]、中国小商品城、賓王市場の三つの大規模日用品卸売市場が立地しており[2]、中国東部最大の物流基地である。世界中のバイヤーも多く訪れ、日本の100円ショップ等の商品のうち、中国産のものは多くがここを通過している。

  • 義烏国際商貿城一区:2002年開業、床面積34万平方メートル、店舗は1万店余。
  • 義烏国際商貿城二区:2004年開業、床面積60万平方メートル、店舗は1万店余。
  • 義烏国際商貿城三区:床面積46万平方メートル。
  • 義烏国際商貿城四区:2008年開業、床面積108万平方メートル、店舗は2万店弱。
  • 義烏国際商貿城五区:床面積64万平方メートル、店舗は7000店余。
  • 中国小商品城・篁園服装市場(六区):2011年開業、床面積42万平方メートル、ファッションアパレル専門。
  • 賓王市場:床面積32万平方メートル、加工食料品他を扱う[3]

交通[編集]

道路
鉄道
航空

脚注[編集]

  1. ^ 浙江中国小商品城集団 [http://www.cccgroup.jp/city.html
  2. ^ 世界最大の卸売市場・福田市場
  3. ^ イーウートレードサポート「義烏マーケットとは?」 [1]

外部リンク[編集]