永松定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永松 定(ながまつ さだむ、1904年4月8日 - 1985年2月7日)は、作家、英文学者、熊本女子大学名誉教授。熊本県玉名郡出身。

1930年、伊藤整辻野久憲とともにジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』を初めて邦訳、三好達治北川冬彦の『詩・現実』に連載し、単行本として刊行する。阿佐ヶ谷文士の一人。1949年熊本女子大学教授、1969年定年退官、福岡大学教授を勤めた。熊本の同人誌『詩と真実』の主催者として小説も書いた。1976年勲三等旭日中綬章受章。

著書[編集]

  • 万有引力 協和書院 1937
  • 田舎ずまひ 詩と真実社 1956
  • 人間は美しい矛盾の動物 随筆集 日本談義社 1958
  • 二十歳の日記 青春の詩と真実 河出書房新社 1960
  • 『永松定作品集』(五月書房、1970)

翻訳[編集]

  • ユリシイズ 伊藤整・辻野久憲共訳、第一書房、1931-1933
  • ジェイムズ・ジョイス短篇集 金星堂、1932
  • ジョイスの文学 ハーバート・ゴオマン 厚生閣書店、1932
  • 恋愛双曲線 ハックスレー 春陽堂 1932 「恋愛対位法」新潮文庫
  • ダブリンの人々 ジェイムズ・ジョイス 金星堂 1933
  • 悪魔主義 ウインダム・ルイス 列冊新文学研究 金星堂 1933
  • 愛と芸術の手紙 D・H・ロレンス 健文社 1936
  • ロレンス文學論 伊藤整共訳 昭森社 1937
  • D.H.ロレンスの手紙 伊藤整共訳 弥生書房 1956-1957
  • アメリカ文学論 D.H.ロレンス 弥生書房 1974