水島一也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水島 一也(みずしま かずや、1930年11月12日 - 2017年10月31日)は、日本経営学者。保険リスクマネジメントの研究者。商学博士(神戸大学、1965年)。神戸大学名誉教授。元保険審議会会長。作家で精神科医の加賀乙彦は、名古屋陸軍幼年学校時代の1年先輩。旧東京府(現東京都)生まれ。

略歴[編集]

大学院門下生として、高尾厚岡田太志李潤浩許碩芬金基辰がいる。

主な著書[編集]

  • 『近代保険論』(千倉書房)単著。
  • 『現代保険経済』第8版(千倉書房)単著。
  • 『生活設計』(千倉書房)単著。
  • 『保険文化 ― リスクと日本人 -(保険学シリーズ)』(千倉書房)共著(水島一也酒井泰弘真継伸彦高尾厚、今井薫、田村祐一郎、森宮康)。
  • 『保険の競争理論』(千倉書房)単著。
  • 『生活保障システムと生命保険産業(保険学シリーズ)』(千倉書房)編著。
  • 『保険の販売理論(保険学シリーズ)』(千倉書房)共訳(水島一也、鈴木馨)。
  • 『近代保険の生成(保険学シリーズ)』(千倉書房)単著。

関連図書[編集]

  • 『現代保険学の展開』水島一也博士還暦記念論集(千倉書房,1990年)
  • 『保険制度の新潮流』水島一也博士喜寿記念論集(千倉書房,2008年)