殺しのテクニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
殺しのテクニック
Technica Di Un Omicidio
監督 フランク・シャノン
製作 CINEGAI
製作総指揮 ダン・レッサー
出演者 ロバート・ウェッバー
フランコ・ネロ
音楽 ロビー・ポワットヴィン
撮影 エリック・メンツァー
配給 松竹映配
公開 イタリアの旗 1966年6月25日
日本の旗 1966年7月2日
上映時間 93分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
イタリア語
テンプレートを表示

殺しのテクニック』(Technica Di Un Omicidio)は1966年制作のイタリア・フランス合作映画(カラー作品)。ニューヨークとパリを舞台に暗黒街を生きてきた殺し屋が壮絶に描かれるハードボイルドアクション。マカロニ・ノワールの代表作。

殺し屋がビルの屋上で手際よく銃を組み立て標的を狙撃する冒頭のシーンは様々なアクション映画に多くの影響を与えた[要出典]。この作品の興行的成功によって、その後「殺しの…」という邦題名が続出するようになった[1]

ストーリー[編集]

驚異的な狙撃の腕を買われ、組織の殺し屋として生きてきた寡黙な殺し屋クリントは引退を決意していた。しかし、最後の仕事を終えた直後に敵対する組織の急襲を受け兄を殺されたため、やむなく犯罪組織から次の仕事を請け負う。標的は秘密情報を漏らした組織の裏切者で、兄を殺した人物と思われる男セッキ。さっそく助手のトニーを伴い、ニューヨークからパリへ。マリーという女から少し手掛りをつかみ、こいつこそはと思って殺した男もセッキではなく、マリーも殺される。陰謀を切り抜けようやくセッキの消息をたどり追い詰めるが、その正体は意外な人物だった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ TBS
クリント ロバート・ウェッバー 近藤洋介[要曖昧さ回避] 納谷悟朗
トニー フランコ・ネロ 伊武雅之 安原義人
マリー ジャンヌ・ヴァレリー 平井道子 有馬瑞子
セッキ ホセ・ルイ・ド・ビラロンガスペイン語版 和田文夫 平林尚三
ハステル セク・リンダー 宮川洋一 伊井篤史
バリー マイケル・バーディネット 池水通洋 千田光男
アンドレア ジョバンニ・ディ・ベネデット 村越伊知郎
  • 翻訳:山田実、演出:鳥海俊材
  • TBS版 - 初回放送1979年11月17日『土曜ロードショー』(深夜映画枠)※ソフト未収録、正味73分。
  • 翻訳:矢田尚、演出:松川陸、製作:有村放送プロモーション、配給:ニッポンライセンス

脚注[編集]

  1. ^ ヨーロッパ映画作品全集 キネマ旬報増刊12.10号 キネマ旬報社、1972年12月

外部リンク[編集]