武丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武丁
22帝
王朝
姓・諱 子武丁
廟号 高宗
小乙
皇后 婦好

武丁(ぶてい)は殷朝の第22代帝。

太子時代には賢人の甘盤について学問を修めた。 武丁は、衰えた殷を復興させようと考えていたが、補佐する者がいなかったので、即位してから3年間は自ら政治に口を出さなかった。ある夜に説(えつ)という名の聖人を夢に見たが、群臣の中にはこのような人物はいなかった。そこで、方々に人を遣わしてこの人物を探させると、道を作る労役者の中にこの人物がいた。武丁が話してみると、まことに聖人であったために、傅(ふ)という姓を与え、傅説と呼んだ。傅説の補佐で殷はまた復興した。

鬼方という異民族を3年かけて討ったのを始め、軍事的にも殷の勢力を四方に拡大した。后の婦好も自ら軍を率いて敵国を征伐したという。

なお、発掘される甲骨文はこの武丁の時代から見られる。

子に祖己祖庚祖甲がおり、卜辞ではこの順に即位したとされるが、史記などでは、祖己は即位していないことになっている。

武丁を主人公とした作品[編集]

  • 宮城谷昌光 『沈黙の王』 – 言語障害のある子昭(高宗・帝武丁)は言葉を求め、説に会う。そして、漢字を生み出す。