祖甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
祖甲
第24代王
王朝
武丁
※名はまたはとも作る。

祖甲(そこう)は殷朝の第24代王。祖庚の弟。

史記』では、暴虐な性格のために殷が衰える原因となったとされている。

一方で、神話上の先祖へ生贄を捧げる古来の儀式を取りやめ、より政治を理性的にしようとした。この時に取り止められたものは、森や川のほか、武丁の想像によって増やされた物が多くあった。