河亶甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河亶甲
12帝
王朝
都城
姓・諱 子河亶甲
太戊
※名はとも作る。卜辞では、戔甲(せんこう)と作る。

河亶甲(かたんこう)は殷朝の第12代帝。帝太戊の子。帝外壬の弟。

初め囂に都したが、相に遷都した。また在位中に藍夷・班方といった異民族を討った。河亶甲の在世中に殷は再び衰微した。