橘英雄 (経営者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たちばな ひでお
橘 英雄
生年月日 (1912-11-25) 1912年11月25日
没年月日 (1983-10-07) 1983年10月7日(70歳没)
出生地 日本の旗 日本富山県
死没地 日本の旗 日本東京都大田区
職業 実業家
活動期間 1935年 - 1983年
著名な家族 橘宜由(長男)
事務所 よみうりテレビ

橘 英雄(たちばな ひでお、1912年11月25日[1] - 1983年10月7日)は元よみうりテレビ代表取締役最高顧問。富山県出身。自宅は東京都港区元麻布

経歴[編集]

1935年読売新聞に入社。1947年に同社の経済部長に就任。1952年には労務厚生本部長。1963年に同社の取締役に就任。1971年には同社の専務取締役を経て1979年よみうりテレビに移籍し、代表取締役副社長に就任。1980年5月に急死した­八反田角一郎に代わって代表取締役社長に就任。この間に読売新聞大阪本社読売ゴルフ読売文化センター読売連合広告広島テレビ日本海テレビの取締役、京阪神ケーブルビジョン民間放送連盟関西経営者協会、関西経済連合会の理事を務めた。1983年に社長の座を青山行雄に譲り最高顧問に退く。

1983年10月7日午前6時23分、肺炎のため東京都大田区蒲田総合病院で死亡(享年70歳)[2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、761頁。
  2. ^ よみうりテレビ前社長の橘英雄さん死去朝日新聞1983年10月8日朝刊23面
  3. ^ よみうりテレビ前社長の橘英雄さん死去毎日新聞1983年10月8日朝刊23面
  4. ^ よみうりテレビ前社長の橘英雄さん死去読売新聞1983年10月8日朝刊23面