槙原覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

槙原 覚(まきはら さとる、1894年明治27年)3月1日[1] - 1942年昭和17年)5月8日)は、日本実業家。青年期に岩崎久弥岩崎弥太郎の長男、三菱財閥3代目総帥)から奨学金を受け、その後三菱商事に入社し水産部長とロンドン支局長を歴任した。財閥解体前の三菱最後の社長であり、再編後の最初の社長となった高垣勝次郎のライバルであった[2]

略歴[編集]

岡山県出身[1]。槙原柳太郎の二男として生まれる[1]東京高等商業学校専攻部を卒業し、三菱商事に入社した[3]

  • 1922年にロバート・リーフマン(en)の「企業形態論」を増地庸治郎とともに共訳した[4]
  • 1930年1月12日:ロンドンで妻治子との間に一人息子槙原稔(のちに三菱の社長、会長)が誕生[2][5][6]
  • 1940年8月2日:スパイの疑いで逮捕され、ブリクストン刑務所に入所[5][7][8][9]。日本愛好家でスパイでもあったセンピル卿などの支援により[10]、数日後の8月5日に「証拠不足」ということで釈放[5][11]
  • 1940年10月:ロンドン支局閉鎖のために日本へ帰国し、水産部長を務める[5]
  • 1942年5月8日:米潜水艦による大洋丸撃沈事件で男女群島付近で死去[2]。多くの友人が「憶出の本」を作った[12]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『大衆人事録 第14版 東京篇』905頁。
  2. ^ a b c 最新日本政財界地図(7)日本の戦後と日本聖公会”. www.asahi-net.or.jp. 2019年8月13日閲覧。
  3. ^ 『人事興信録 第13版 下』マ37頁。
  4. ^ ロバート・リーフマン原著、増地庸治郎・槙原覚共訳「企業形態論」”. 鹿児島大学附属図書館 OPAC. 2019年8月13日閲覧。
  5. ^ a b c d Rudlin, Pernille (2014) (英語). The History of Mitsubishi Corporation in London: 1915 to Present Day. Routledge. p. 53. ISBN 9781135127404. https://books.google.co.jp/books?id=DxIiAwAAQBAJ&pg=PA53&lpg=PA53&dq=Makihara+Satoru+Mitsubishi&source=bl&ots=wujJ6oyZsJ&sig=ACfU3U3yswrVmYhHCHCwWeGdDVo31jeHcg&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwiwza7Zsv_jAhWVuHEKHU5jB_8Q6AEwAHoECFMQAQ#v=onepage&q=Makihara%20Satoru%20Mitsubishi&f=false 2019年8月13日閲覧。. 
  6. ^ 槙原家”. 閨閥学 -偉人たちの経歴・家族・子孫. 2019年8月13日閲覧。
  7. ^ “三菱商事三井物産支店長ロンドンで逮捕さる”. www.lib.kobe-u.ac.jp (大阪朝日新聞). (1940年8月4日). http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10169792&TYPE=HTML_FILE&POS=1 2019年8月13日閲覧。 
  8. ^ “Japanese Detained Under Defence Laws In London” (英語). The Straits Times: p. 1. (1940年8月4日). http://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Article/straitstimes19400804-1.2.15 2019年8月13日閲覧。 
  9. ^ “Japanese roundup by British protested” (英語). Baltimore Evening Sun: p. 1. (1940年8月3日). https://www.newspapers.com/clip/21195135/japanese_roundup_by_british_protested/ 2019年8月13日閲覧。 
  10. ^ Elston, Paul (監督); Pigott-Smith, Tim (ナレーター) (2012年). “The Fall of Singapore: The Great Betrayal” (英語). Brave New Media for BBC2 (Lebanon: publisher=All3Media International.). http://www.all3mediainternational.com/Brand/1254/churchills-traitors 2017年10月14日閲覧。 
  11. ^ “England releases one arrested Jap” (英語). Kannapolis Daily Independent. (1940年8月6日). https://newspaperarchive.com/kannapolis-daily-independent-aug-06-1940-p-1/ 2019年8月13日閲覧。 
  12. ^ 槙原覚君の憶出”. webcatplus.nii.ac.jp (1943年). 2019年8月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版 東京篇』帝国秘密探偵社、1942年。