森鉐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 鉐太郎
もり せきたろう
生年月日 1909年7月8日
出生地 愛知県
没年月日 (1989-09-21) 1989年9月21日(80歳没)
出身校 明治大学商学部
所属政党 無所属
称号 商学士

当選回数 5回
在任期間 1971年5月1日 - 1989年9月21日
テンプレートを表示

森 鉐太郎(もり せきたろう、1909年7月8日 - 1989年9月21日)は、日本政治家。元愛知県一宮市長(5期)。愛知県市長会会長、東海市長会会長、全国市長会副会長などの要職を歴任した[1]

来歴[編集]

愛知県出身[2]明治大学に在学中、病気の後遺症で右足を悪くする。1934年(昭和9年)3月に同大学商学部を卒業するも、1年間自宅療養した。1936年(昭和11年)4月、臨時職員として一宮市役所に入庁。日給1円10銭のうち、1円は往復の人力車代に使ったという。そのため戦時中は片足でも乗れる自転車を作った[3]1950年(昭和25年)に経済部長、1954年(昭和29年)1月に企画長に就任。

1963年(昭和38年)、退職して4月の一宮市長選挙に立候補することを考えたが結局見送った。同年10月、助役に登用される。伊藤一市長が1967年(昭和42年)4月28日に6選を果たすと、ここが潮時とばかりに同年5月に助役を辞任した[3]1969年(昭和44年)5月、名鉄丸栄百貨店の常務に就任[4]

1971年(昭和46年)4月25日に行われた一宮市長選挙に立候補。7選を狙う現職の伊藤一、会社社長の宮田邦生を破り初当選した。この年の選挙は希にみる激戦であり、森の44,349票に対し、伊藤は43,134票、宮田は20,958票であった[5]1987年(昭和62年)に5期目の当選を果たした。海部俊樹江崎真澄の間の派閥争いが古くから続く一宮市にあって、森は江崎直系と言われた[6][7]

任期中の1989年(平成元年)9月21日、心不全のため一宮市立市民病院で死去[4]。80歳没。同年9月29日、一宮市名誉市民に推挙された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 一宮市名誉市民”. 一宮市役所 (2017年9月13日). 2019年3月14日閲覧。
  2. ^ 『日外アソシエーツ whoplus』 「森 鉐太郎(モリ セキタロウ)」の項。
  3. ^ a b 朝日新聞』1971年4月27日付朝刊、5面、「ストップ・ザ・七選を果した新一宮市長 森鉐太郎」。
  4. ^ a b 『一宮タイムス』1989年9月22日、1面、「森一宮市長が死亡 入退院、高齢で衰弱」。
  5. ^ 『一宮タイムス』1971年4月26日、1面、「新市長に森氏当選 伊藤氏を約千二百票引離し ついに七選阻止の悲願成功」。
  6. ^ 『一宮タイムス』1989年10月10日、1面、「避けられぬか〝代理戦争〟 市長選の行方を追う」。
  7. ^ 中日新聞』1989年10月31日付朝刊、28面、「激震 一宮市長選 (上) 代理戦争 『江崎院政』かみつく海部派」。