森喜弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森 喜弘(もり よしひろ、1938年[1] ‐ )は、日本テレビ映画ドラマ撮影技師

経歴[編集]

福島県出身。小学4年前後から油絵を始めたが、「絵では食えない」と思い、映画を志す。特撮美術監督の渡辺明が親の知人であった縁で[1][2]1959年東宝の特技課撮影部に契約者で入り、『潜水艦イ-57降伏せず』『日本誕生』『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』『モスラ』等で撮影助手を務める[1]。『モスラ』の途中で東宝を辞め、東映[3]宣弘社を経てフリーとなる[1]。『ウルトラQ』や『ウルトラマン』の撮影助手を経て『快獣ブースカ』でカメラマンとなり、以後多くの特撮テレビ映画で撮影技師を務める。

本編班にも特撮班にも関わったが、画角が固定される特撮に比べて、本編撮影のほうが情感や情景を多角的に捉えることができ、「カメラで“絵を描く”ならこっちだ」と思い、大人向けの文芸ものドラマに関わろうとする。だが、特撮番組をやっていたということで、「ジャリ番(子供番組)の森」というあだ名がついており[1]、そのレッテルを剥がすのに苦労したという。

天皇の世紀』では第1話『黒船渡来』の特技撮影に携わり、有川貞昌特技監督のもと東宝スタジオの大プールで黒船シェークエンスを撮っている。このときは円谷英二の“遺産”ともいうべき大プールの波起こし機が大いに役立ったという[4]

近年は『十津川警部シリーズ』などの2時間ドラマに多く携わっている[1]

主なテレビ作品[編集]

オリジナルビデオ作品[編集]

展示会映像作品[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「Staff Interview 森喜弘」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、72頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  2. ^ a b 「ウルトラマンコメント集」『別冊映画秘宝 ウルトラマン研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、295頁。ISBN 978-4-8003-0262-5
  3. ^ 成田亨の紹介による[1][2]
  4. ^ 『特撮 円谷組 〜ゴジラと東宝特撮にかけた青春〜』の脚注では、ハリウッド映画『黒船』と混同されているが、『天皇の世紀』が正しい。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]