森俊滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 俊滋(もり とししげ、天保4年(1833年)? - 明治12年(1879年6月9日)は、播磨国三日月藩の第9代(最後)の藩主。

第8代藩主・森長国の次男。母は側室林氏。子に森長祥(長男)、伊代子(大田原一清正室)、娘(藤堂高義正室)。官位は従五位下、伊豆守、対馬守。幼名は松之助。

天保4年(1833年)、もしくは天保6年(1835年)5月生まれと言われている。妾腹の息子であったが、正室との間に生まれていた虎松丸が早世したため、天保14年(1843年)に世子となった。弘化4年(1847年)2月15日、将軍徳川家慶に拝謁する。嘉永元年(1848年)9月10日、父長国の隠居により跡を継ぐ。同年12月16日、従五位下伊豆守に叙任する。

慶応4年(1868年)1月18日、上洛し、新政府支持の姿勢を示す。同年2月4日、新政府から二条城の守備を命じられる。明治2年(1869年)6月23日、版籍奉還により藩知事となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官された。明治12年(1879年)6月9日、三日月で死去した。法号は俊滋院殿光山日明大居士。墓所は兵庫県佐用郡佐用町東大畑の常勝院。

外部リンク[編集]