大田原一清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大田原 一清
Kazukiyo Otawara.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 昭和時代
生誕 文久元年10月8日1861年11月10日
死没 昭和5年(1930年10月28日
改名 牲丸(幼名)、一清
別名 勝清(別名)
戒名 秋天院殿美山勝清大居士
墓所 栃木県大田原市光真寺
官位 従五位下、飛騨守、正五位、子爵
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原富清
母:大田原清徳大田原庸清4男)の長女
兄弟 一清忠良
正室:森俊滋の娘伊代子、継室:蒔田広孝の娘茂登子
鋭清(長男)、(次男)、幸子、錫子、
鉄男(三男)、淑子、鰹子※娘はそれぞれ香川某室、金光家邦室、大森貫一室となった

大田原 一清(おおたわら かずきよ)は、下野大田原藩の第14代(最後)の藩主。

人物[編集]

文久元年(1861年)10月8日、第13代藩主・大田原富清の長男として生まれる。文久2年(1862年)に父が死去したため、家督を継いだ。慶応4年(1868年)からの戊辰戦争では藩は新政府に恭順し、明治元年(1868年)10月21日に一清は従五位下・飛騨守に叙位・任官する。明治2年(1869年)6月、版籍奉還により大田原藩知事に任じられ、同時に戊辰戦争の功績により5000両を与えられた。版籍奉還ののち住居を移転した。明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で藩知事を免官される。慶應義塾を経て明治17年(1884年)の華族令で子爵となる。明治20年(1887年)12月に正五位に昇叙する。明治32年(1899年)7月、貴族院補欠選挙当選し、大正7年(1918年)7月まで在任[1]。昭和5年(1930年)10月28日に死去した。享年70。

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』39-40頁。

参考文献[編集]