大田原愛清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
大田原 愛清
時代 江戸時代後期
生誕 寛政10年6月24日1798年8月6日
死没 弘化4年4月16日1847年5月30日
改名 欽次郎(幼名)、愛清
別名 清尊(別名)
諡号 竜川、仲敬、士隣
戒名 俊徳院殿文山清員大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原庸清
養父:大田原光清、養母:浅野長員の娘
兄弟 光清愛清清徳
正室:松平忠彊の娘・於謹姫
統太郎、広清

大田原 愛清(おおたわら よしきよ)は、下野大田原藩の第11代藩主。

生涯[編集]

寛政10年(1798年)6月24日、第9代藩主・大田原庸清の三男として生まれる。文化9年(1812年)7月21日に兄で第10代藩主である光清養子となり、11月22日に兄が隠居したため家督を継ぐ。12月16日に従五位下・飛騨守に叙位・任官する。

文化13年(1816年)から文化14年(1817年)まで駿府城加番を務めた。文政9年(1826年)から文政10年(1827年)、天保3年(1832年)から天保4年(1833年)まで大坂加番を務めた。長男の統太郎が天保6年(1835年)に早世したため、弘化4年(1847年)3月10日に次男・広清に家督を譲って隠居する。直後の4月16日に死去した。享年50。

三男だったために当初は家督を継ぐ見込みがなく、幼時に光真寺に入って修行に励んだという。そのときの修行が効いたのか、藩主になってからは歴代藩主の中でも寛大で優れた統治を行なったといわれる。また、岡田閑林に絵画を学び、自らも竜川という号を用いた画人であり、体格も5尺8寸(約175.8cm)という堂々としたもので腕力も強く、そのために腕相撲を趣味として、家臣と勝負して負けることは無かったといわれている。