蒔田広孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
蒔田広孝
Maita Hirotaka.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 嘉永2年2月4日1849年2月26日
死没 大正7年(1918年3月24日
改名 鱗太郎(幼名)→広孝
戒名 瑞竜院殿祥岳道慶大居士
墓所 東京都豊島区駒込の勝林寺
官位 従五位下、相模
幕府 江戸幕府
備中浅尾藩
氏族 蒔田氏
父母 父:蒔田広袢、母:田沼意清の娘
養父:蒔田広運
正室:蒔田広運の娘、継室:稲垣長明の娘
茂登子(大田原一清継室)、養子:蒔田広城(実父伊達宗城

蒔田 広孝(まいた ひろたか)は、江戸時代末期の寄合旗本大名備中浅尾藩主。

生涯[編集]

嘉永2年(1849年)、旗本・蒔田広袢御書院番)の嫡男として生まれる。安政4年(1857年)5月22日、寄合旗本・蒔田広運(7700石)の養子となり、安政5年(1858年)8月に家督を相続する。文久3年(1863年)9月23日、将軍徳川家茂に拝謁する。同年11月24日、江戸市中警護の功による禄高直しによって1万石の諸侯に列した。菊の間詰めの定府大名となった。元治元年(1864年)1月17日、従五位下相模守に叙任する。

元治元年4月26日、京都見廻役に就任する。200人の兵を率い、京都の警備を担うことになり、禁門の変で活躍する。慶応元年(1865年)5月、幕府に対し、長州征伐への従軍を願うものの、認められなかった。慶応2年(1866年)4月12日、第二奇兵隊を脱走した立石孫一郎長州浪士100余名により、浅尾陣屋倉敷代官所と共に襲撃され灰燼に帰した(倉敷浅尾騒動)。そのため、同年4月14日、幕府から一時的に帰藩する許可を得る。慶応3年6月6日、京都見廻役を退任する。慶応4年(1868年)2月13日、上洛し、恭順の姿勢を示す。備中国内の旧幕領の管理を命じられる。戊辰戦争では新政府に与して岡山藩と行動を共にしている。

明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還知藩事となる。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官となって東京へ移った。明治14年、秋田県御用掛となる。同年、秋田県由利郡長に就任する。明治17年(1884年)に子爵に叙される。明治30年(1897年)、第3代浅尾村長、明治41年(1908年)5月には初代総社町長となる。大正7年(1918年)に死去、享年70。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
浅尾)蒔田家初代
1884年 - 1912年
次代:
蒔田広城