森長俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 長俊(もり ながとし、慶安2年9月8日1649年10月13日)- 享保20年6月4日1735年7月23日))は、美作津山新田藩主、のち播磨三日月藩初代藩主。

美作津山藩森長継の五男。母は側室で湯浅丹後の娘の継光院。正室は永井尚政の娘。子に長記(長男)、長広(次男)、光照。官位は従五位下、対馬守。幼名は松之助。

美作の鶴山城にて生まれる。延宝4年(1676年)4月、1万5000石を父より与えられる。しかし幕府からは津山新田藩はただちには藩として公認されず、正式に公認されたのは貞享元年(1684年)10月21日であった。元禄10年(1697年)8月、本家の津山藩森家が改易されると、同年10月19日に三日月藩に移封された。正徳5年(1715年)7月27日、長男の長記に家督を譲って隠居し、快翁と号した。享保20年(1735年)6月4日、江戸大崎邸にて病死した。享年87。法号は長俊院殿前対州刺史快翁日好大居士。墓所は東京都大田区池上の本行寺。

藩主としては有能な人物だったといわれている。