森長篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
森長篤
時代 江戸時代後期
生誕 寛政7年(1795年
死没 文化13年閏8月23日1816年9月14日
改名 猪松、長篤
別名 内記
戒名 長篤院殿鶴林日山大居士
墓所 東京都大田区池上の本行寺
官位 従五位下対馬守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
播磨三日月藩
氏族 森氏
父母 森忠賛:不詳
養父森長義
兄弟 忠哲忠敬長篤青木可度可象
千恵、宮、米津政懿継室、森賛張室、
戸田麟平室、鏈、落合某室、
京極高聡継室、脇坂某室ら
養子長国
テンプレートを表示

森 長篤(もり ながあつ)は、江戸時代後期の大名播磨国三日月藩の第7代藩主官位従五位下対馬守

略歴[編集]

播磨赤穂藩主・森忠賛の11男として江戸にて誕生。幼名は猪松。内記。

文化5年(1808年)8月27日、先代藩主森長義の養嗣子となる。文化6年(1809年)4月1日、第11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年5月20日、養父長義の隠居で跡を継いだ。文化9年(1812年)12月16日、従五位下対馬守に叙任する。

文化13年(1816年)閏8月23日に江戸で死去し、跡を養嗣子の長国が継いだ。法号は長篤院殿鶴林日山大居士。墓所は東京都大田区池上の本光寺。

系譜[編集]