森快温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 快温(もり はやあつ、明和6年10月18日1769年11月15日)- 享和元年9月27日1801年11月3日))は、播磨三日月藩の第5代藩主。

安芸広島藩主・浅野重晟の三男。正室は森俊韶の養女・曽代(森俊春の娘で俊韶の妹)。官位は従五位下、下野守。

広島城で生まれる。幼名は木工之丞。初名は長従。寛政5年(1793年)5月、嗣子のない先代藩主俊韶の養嗣子となる。同年8月11日、将軍徳川家斉に拝謁した。同年11月10日、養父俊韶の隠居により跡を継いだ。同年12月、従五位下下野守に叙任した。藩政においては藩校・広業館を創設して、藩士子弟の教育化に努めた。享和元年(1801年)9月27日、33歳で死去し、跡を養嗣子の長義が継いだ。法号は快温院殿野州刺史鷲峯宗雲大居士。墓所は佐用郡佐用町の高蔵寺。