梶原正昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梶原 正昭(かじはら まさあき、1927年8月7日 - 1998年9月23日)は、日本国文学者早稲田大学名誉教授軍記物語を研究。

略歴[編集]

神奈川県出身。早稲田大学国文科卒。早稲田大学助教授を経て、1970年教授1998年、定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 平家物語 1967 (講談社現代新書)
  • 平家物語 1992.6 (岩波セミナーブックス)
  • 鹿の谷事件 平家物語鑑賞 武蔵野書院 1997.7
  • 軍記文学の位相 汲古書院 1998.3
  • 平家残照 新典社 1998.4 (新典社研究叢書)
  • 頼政挙兵 平家物語鑑賞 武蔵野書院 1998.12
  • 室町・戦国軍記の展望 和泉書院 1999.12 (研究叢書)

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 軍記文学の系譜と展開 梶原正昭先生古稀記念論文集刊行会 汲古書院 1998.3

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • 梶原正昭教授略歴・業績「早稲田大学教育学部学術研究 地理学・歴史学・社会科学編」1997