加美宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加美 宏(かみ ひろし、1934年(昭和9年) - )は、国文学者同志社大学名誉教授徳島県生れ。1958年早稲田大学文学部国文学科卒、1964年同大学院文学研究科博士課程満期退学。1964年昭和女子大学付属高等部教諭、69年昭和女子大学短期大学部非常勤助教授、1972年昭和女子大学短期大学部助教授、76年甲南女子大学助教授、同志社大学文学部教授、2006年定年、名誉教授。1998年「太平記享受史研究」で早大博士(文学)。専攻、中世文学。

著書[編集]

  • 『太平記の受容と変容』翰林書房、1997
  • 『太平記享受史論考』桜楓社、1985

共編・校注[編集]

参考[編集]