梶原仲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梶原 仲治(かじわら なかじ[1]明治4年(1871年)7月 - 昭和14年(1939年1月6日)は日本銀行家東京府平民[2]。外孫に作家で元暴力団員の安部譲二がいる[3]

経歴[編集]

山形県生まれ[3][4]北海道出身[1]。梶原兵吉の弟[2]

1897年に東京帝国大学法科大学卒業[5]日本銀行入行[5]

1918年3月日本銀行辞職[5]。同年横浜正金銀行取締役就任、副頭取就任[5]1919年、横浜正金銀行頭取就任[5]1922年10月、日本勧業銀行総裁[5]。以後東京株式取引所理事長、日本産業協会理事、日本陶磁器工業組合連合会理事長、工業組合中央会理事長を歴任[5]

栄典[編集]

家族・親族[編集]

梶原家[編集]

明治17年(1884年)12月生[2] - 没
安部譲二によれば「このウメ祖母さまとは、戦争中ずっと一緒に過ごしたので、僕はよく覚えています[3]。華奢だけど、とてもフットワークのいい、すっきりして垢抜けた婆様で、一番小さな孫だった僕にとても優しくしてくれました[3]。」という 。
明治37年(1904年)9月生[2] - 没
明治40年(1907年)8月生[2] - 没

脚注[編集]

  1. ^ a b ジャパンナレッジ版日本人名大辞典、2012年3月3日閲覧。「ちゅうじ」という読みもある(国史大辞典など)。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録. 7版』(大正14年)か四三。
  3. ^ a b c d e f 第27回 梶原仲治とその家族
  4. ^ 『国史大辞典』、高村直助執筆。
  5. ^ a b c d e f g 梶原仲治(神奈川県立歴史博物館)
  6. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。


先代:
井上準之助
横浜正金銀行頭取
第11代:1919年 - 1922年
次代:
児玉謙次