桓キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「桓齮」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
桓齮
プロフィール
出生: 不詳
死去: 紀元前233年
各種表記
繁体字 桓齮
簡体字 桓齮
テンプレートを表示

桓 齮(かん き、生年不明 - 紀元前233年?)は、中国戦国時代の武将。秦王政(後の始皇帝)に仕え、秦の天下統一に貢献した。

生涯[編集]

紀元前237年(始皇帝10年)、将軍になる。

紀元前236年(始皇帝11年)、王翦楊端和らとを攻めて、先ずその周辺の9城を取る。桓齮はそこに留まり、王翦が一人で閼与・鄴などを落とす。

紀元前234年(始皇帝13年)、趙の平陽武城を攻めて、趙将の扈輒武遂で討ち、趙兵の首を斬ること10万であった。

紀元前233年(始皇帝14年)、再び趙を攻めて、平陽と武城を平定した。さらに、赤麗と宜安を攻め、宜安ではその将軍を討ったものの、趙の大将軍李牧肥下の戦いで敗れた。『戦国策』趙策四によれば、この敗戦で李牧に討たれたとされる[1]。一方、『史記』廉頗藺相如列伝では大敗したのち、敗走したと記されている[2]

桓齮、樊於期同一人物説[編集]

『史記』においてはその後の経歴は不明であるため、中国の歴史家楊寛は著書『戦国史』で、敗戦の処罰を恐れた桓齮はに亡命し、樊於期と名を改めたという説を唱えた。

脚注[編集]

参考文献[編集]