桓キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「桓齮」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

桓 齮(かん き、生年不明 - 没年不明(紀元前233年?、紀元前227年 ?))は、中国戦国時代の将軍。秦王政(後の始皇帝)に仕え、秦の天下統一に貢献した。

経歴[編集]

紀元前237年(始皇帝10年)、将軍になる。

紀元前236年(始皇帝11年)、王翦楊端和らとを攻めて、先ずその周辺の9城を取る。桓齮はそこに留まり、王翦が一人で閼与、などを落とす。

紀元前234年(始皇帝13年)、趙の平陽を攻めて、敵将・扈輒(こちょう)を殺し、首を斬ること10万であった。

紀元前233年(始皇帝14年)、再び趙を攻めて、平陽と武城を平定した。宜安を攻めたが趙の大将軍李牧に敗れた。戦国策の趙策四によれば、この敗戦で李牧に討たれたとされる[1]。一方、史記では大敗したのち、敗走したと記されている[2]

桓齮、樊於期同一人物説[編集]

史記においてはその後の経歴は不明であるため、中国の歴史家楊寛は、著書『戦国史』で敗戦の処罰を恐れた桓齮はに亡命し、樊於期と名を改めたという説を唱えた。この人物は燕太子丹に庇護されたが、刺客・荊軻が秦に赴く際にその説得に応じて自刎し、首を差し出したとされる(紀元前227年[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

史料[編集]

  • 司馬遷『史記』本紀、秦始皇本紀
  • 司馬遷『史記』世家、趙世家
  • 司馬遷『史記』列伝、廉頗・藺相如列伝
  • 劉向『戦国策』趙策、趙四